元プロゴルファーの古閑美保さん(撮影/写真映像部・上田泰世)

 ゴルフの実力もさることながら、バラエティー番組でも歯に衣(きぬ)着せぬ物言いで人気を博したプロゴルファーの古閑美保さん(41)。【前編】では、引退直後に始めた趣味探しや、ゴルフから距離を取ったことで考えたことなどを語ってもらった。【後編】では、現在まで続く女子プロゴルフ人気に関して思うことや、離婚を経験したことで変化した結婚観などについて聞いた。

【写真】「ビジュアル系ゴルファー」と呼ばれた現役時代の古閑さん

フォトギャラリーで全ての写真を見る

【前編】<元賞金女王「古閑美保」が語る“引退を決意した日”と“ゴルフから離れたかった2年間”>より続く

*  *  *

 古閑さんは「ビジュアル系ゴルファーの元祖」といわれている。へそ出しファッション、派手な化粧、ネイルにピアスなど、その外見でも世間の話題をさらっていた。

 ゴルフは紳士淑女のスポーツ。派手なファッションでプレーする古閑さんに対して、当然批判もあったという。

「Tシャツでゴルフするのはどうの、ピアスやネイルがこうのみたいなお叱りの声がよく届いていました。けど、全く気にしませんでしたね。私、そういったことにめげないタイプなんです」

 何事もなかったかのようにさらりと言ってのける。むしろこういった声が古閑さんの反骨心を刺激した。

「ツアーの最終日に、わざとTシャツを着て、目立つピアスやネイルを付けていました。どれも違反じゃないんですよ。Tシャツはゴルフメーカーが出しているものでしたし、ネイルを付けてはいけないとか、大きいピアスはダメなんて決まりはないです。だから『なんでやめなきゃいけないの?』って思っていました。人に言われたからやめるっていう考えはなかったですね。全部私がやりたいからやっていることなので」

著者プロフィールを見る
唐澤俊介

唐澤俊介

1994年、群馬県生まれ。慶應義塾大学法学部卒。朝日新聞盛岡総局、「週刊朝日」を経て、「AERAdot.」編集部に。二児の父。仕事に育児にとせわしく過ごしています。政治、経済、IT(AIなど)、スポーツ、芸能など、雑多に取材しています。写真は妻が作ってくれたゴリラストラップ。

唐澤俊介の記事一覧はこちら
次のページ
普段とは違うメイクで「強さ」を演出