開幕前に巨人を退団となったルーグネット・オドーア※画像はパドレス時代のもの(写真:AP/アフロ)

 開幕前にMLBジャイアンツからフリーエージェント(FA)となった筒香嘉智の巨人入りが決定的との報道が出ている。現在チームで大砲と呼べるのは岡本和真ぐらいであり、仮に報道通りとなれば、NPB通算205本を放った長距離砲は大きな戦力となるのは間違いないだろう。

【写真】「触れ込みと違うじゃねぇか…」とファンを失望させた助っ人といえば?

 とはいえ、筒香に任される予定の役割は当初は新助っ人ルーグネット・オドーアが果たすはずだった。だが、開幕前に二軍での調整を言い渡されるとそれを拒否して退団。シーズン開始前の突然の出来事にファンも唖然としたはずだ。

 筒香の入団は歓迎すべきことかもしれないが、助っ人の補強が機能していないことの表れでもあるはず。近年野手ではアダム・ウォーカーがまずまずの結果を残したが、守備力が異常なほど低いなど、助っ人の補強が“ちぐはぐ”な印象も受ける。

「(メジャー通算178本塁打を誇るオドーアは)阿部慎之助監督も期待の大砲だったため、開幕直前での退団には衝撃が走った。退団後すぐに(マイナー契約で)ヤンキース入りしたのはオドーアが米国内での需要もあるということ。『日本向きの選手か?』という判断を巨人の渉外担当が見誤ったのだろう」(在京テレビ局スポーツ担当者)

 優勝請負人が開幕を待たずして帰国する前代未聞の事態だった。オドーアを含め、ここ最近はメジャーで実績のある選手などを補強しているが、特に野手の助っ人は苦戦が目立っている。

「2015年からの3年間、先発投手として活躍したマイコラス(現カージナルス)以外は印象に残った外国人選手がいない。(コロナ禍だった)2021年には外国人選手全員がシーズン途中で帰国したこともあった。助っ人獲得に関して球団内の所轄部署が効果的に機能していなかったと言えるでしょう」(巨人担当記者)

 コロナ禍も重なり米国や中南米でのスカウト活動がままならなかった事情もあった。しかし他球団も条件は同様であり、渉外担当や海外スカウトの責任を問われても仕方がない。

「国内スカウティングに関してはドラフト戦略を含め計画的に進みつつある。若手育成も上手くいき始めているだけに、あとは外国人選手がフィットすればチームの結果に直結するとは思うのですが……」(巨人関係者)

次のページ
助っ人補強の“切り札”が来るも…