指名打者で出場する大谷翔平

 メジャー開幕戦となるドジャースとパドレスの一戦が、きょう20日に韓国・ソウルで開催される。ドジャースは指名打者で出場する大谷翔平、開幕2戦目に先発予定の山本由伸、パドレスは開幕投手を務めるダルビッシュ有、セットアッパーの松井裕樹と日本球界を代表する選手が名を連ねるだけに、日本国内でも注目度が高い。

【写真】イチローだけじゃない!MLBの年金額「満額支給」の日本人選手がこちら(ほか3人)

 韓国で取材するスポーツ紙記者は、現地の雰囲気に驚いたという。

「大谷の注目度が群を抜いています。想像を超えていましたね。真美子夫人とともに仁川空港に姿を現した映像はテレビで何度も流れ、新聞でも大きく扱われました。まるでハリウッドスターです。韓国でこれほど大人気だった日本人アスリートは記憶にありません。公式グッズ売り場でも大谷がダントツで一番人気。国籍関係なく、メジャーを代表するスーパースターとして評価されていることなのでしょう」

MLBの思惑

 そもそも、なぜ韓国で史上初となるメジャーの開幕戦が開催されることになったのか。米国に駐在する通信員が解説する。

「野球ファンの裾野を世界中に広げたいというMLBの思惑があります。米国では各球団の観客動員数が07年を境に下降線をたどっており、現状も大きく回復していません。NFL(アメリカンフットボール)、NBA(バスケットボール)に次ぐ3番目に人気のスポーツという認識で、野球に興味のない層が多い。米国で人気回復に苦心しているなか、メジャーで活躍している中南米やアジア、欧州系の選手が増えているので、海外で野球というコンテンツの魅力を発信するのは自然な流れでしょう。韓国は米国、日本に次いで野球の市場が3番目に大きい国です。一時は低迷していた観客動員数も近年は伸びてきている。パドレスとドジャースを選んだのもMLBの意向と言われています。両球団は韓国になじみがあります」

次のページ
韓国ではドジャースの人気が最も高い