度重なる大ケガから見事に復帰を遂げた、横浜F・マリノスの宮市亮選手(撮影/工藤隆太郎)
度重なる大ケガから見事に復帰を遂げた、横浜F・マリノスの宮市亮選手(撮影/工藤隆太郎)
この記事の写真をすべて見る

 ヴィッセル神戸の優勝で幕を閉じたサッカー・J1の2023年シーズン。このシーズンは、2022年7月の日本代表戦で右膝の前十字靭帯を断裂し、一度は「引退」を決めたものの、シーズン中に見事「復活」を遂げた宮市亮選手(横浜F・マリノス)にとっても、特別なシーズンとなった。宮市選手はなぜ、5度もの大ケガを経験してなお、前を向き続けられたのか。発売されたばかりの初の自著『それでも前を向く』から一部を抜粋・加筆して、数々の苦難の果てにたどり着いた「前へ進むための思考法」の一端を紹介する。

*  *  *

横浜F・マリノスの仲間からもらったやさしさ

 右膝に大ケガ(3度目の前十字靭帯断裂)を負った日本代表戦の翌々日(7月29日)は、横浜F・マリノスのチームが練習している場所に行くことにした。翌日に鹿島アントラーズ戦を控え、午前中から非公開練習を行っていた。

 右膝にまた大ケガをしてからまだF・マリノスの選手たちには会っていなかった。心配をしてくれているだろうみんなに、あいさつがしたかった。大事な試合に向けた激励のつもりだった。

 競技場に着くと、入り口でオーストラリア人のヘッドコーチ、ショーン・オントンさんとばったり会った。

 最初は明るく「グッドモーニング」という感じだったが、立ち話をしているうちに、右膝の話になった。すると、オントンさんは「リョウはここまで頑張ってきたのに、神様はまた、リョウにこんなにひどい仕打ちをするのか」とわんわん泣いてくれた。

 じつは、彼も親族に不幸があったばかりだった。にもかかわらず、僕のために本気で、ビックリするくらいの号泣だった。僕も感極まって、一緒に泣いた。

 鹿島戦に向けたチームミーティングでは、マスカット監督が「本当に残念で悔しい。けれども、このリョウの思いを背負って、今シーズン戦っていきたい」とみんなの前で話してくれた。これも、すごくうれしかった。

 あとで聞いたところによると、この時の僕の態度や雰囲気から「やめるのかも」と察した選手が多かったようだ。選手たちとはあまり話し込むことなく引きあげた。

暮らしとモノ班 for promotion
顔周りの汗にも!メイク崩れも防ぐ クリップ扇風機Amazon売れ筋ランキング
次のページ
ドイツでの経験を思い出させてくれたメッセージ