※金融庁の「つみたてNISA対象商品届出一覧 指定インデックス投資信託」全192本(2023年4月27日発表分)を純資産総額の大きい順にランキング。ランキングには23年5月2日現在で取得可能なデータを使用。運用会社名は略称。信託報酬は年率、税込みで、実質的な運用コストの合計を掲載。信託報酬または実質コストに幅がある場合、上限を掲載。↓マークのついた投資信託は23年4月以降に信託報酬を引き下げたもの。▲はマイナス(
AERA 2023年5月22日号より)
※金融庁の「つみたてNISA対象商品届出一覧 指定インデックス投資信託」全192本(2023年4月27日発表分)を純資産総額の大きい順にランキング。ランキングには23年5月2日現在で取得可能なデータを使用。運用会社名は略称。信託報酬は年率、税込みで、実質的な運用コストの合計を掲載。信託報酬または実質コストに幅がある場合、上限を掲載。↓マークのついた投資信託は23年4月以降に信託報酬を引き下げたもの。▲はマイナス( AERA 2023年5月22日号より)

 2024年から始まる新しいNISAを前に、早くも運用会社で信託報酬引き下げ合戦がスタート。S&P500一強の時代から「米国株集中投資」を懸念する層も出てきた。AERA 2023年5月22日号より紹介する。

【ランキング】11位~30位はこちら

*  *  *

 3月14日、低コストインデックス型投資信託「たわらノーロード」シリーズを運用するアセットマネジメントOneが、「たわらノーロード S&P500」を新しく設定することが有価証券届出書から判明した。運用開始は3月30日。運用中に日々差し引かれるコストである信託報酬は、同種の投資信託で最安の0.09372%(税込み、以下同)を打ち出した。

「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」を運用する三菱UFJ国際投信は、これに即反応。翌3月15日に信託報酬の引き下げを発表した。従来の0.0968%を、たわらS&P500と同じ0.09372%に(4月25日~)。この投資信託は、規模、人気ともに日本一を誇る鉄板の存在だ。

“戦争”はここで終わらなかった。3月24日、アセットマネジメントOneはたわらノーロードシリーズ中8本の信託報酬引き下げを発表。「全世界株式」「先進国株式」「バランス(8資産均等型)」など投資家に支持されているものばかりだ。

■常に最安値をキープ

 すると3月30日、三菱UFJ国際投信はeMAXIS Slimシリーズの同種の投資信託8本の信託報酬引き下げを発表(5月11日~)。引き下げ後の水準は8本とも、たわらが発表したものと全く同じである。

 信託報酬引き下げという形のわかりやすい顧客獲得戦争が、運用会社で起こっている。ニッセイ基礎研究所金融研究部の前山裕亮さんに状況を聞いた。

「当然、2024年から始まる新しいNISAを意識しているのでしょう。最近の『eMAXIS Slim一強』の牙城を崩すべく、早めにたわらが動いてきた印象。eMAXIS Slimは『常に最安値』をうたっており、これまでの実績から投資家からの信頼を獲得、ブランド化に成功しています。今回も期待通り“最安値の約束を守った”わけです」

(4月上旬、全世界株式のインデックス型投資信託に関して運用大手2社にまつわる一騒動があったが、ここでは割愛する)

著者プロフィールを見る
中島晶子

中島晶子

ニュース週刊誌「AERA」編集者。アエラ増刊「AERA Money」も担当。投資信託、株、外貨、住宅ローン、保険、税金などマネー関連記事を20年以上編集。NISA、iDeCoは制度開始当初から取材。月刊マネー誌編集部を経て現職

中島晶子の記事一覧はこちら
次のページ