「幸せこいこい」。招きネコのようなポーズをするカムイ
「幸せこいこい」。招きネコのようなポーズをするカムイ
この記事の写真をすべて見る

 飼い主さんの目線でのストーリーを紡ぐ連載「猫をたずねて三千里」。宮城県在住のユウナさんの愛猫は、ちょっと“ワケアリ”の子ばかり。どの子もユウナさん家族にとってかけがえのない存在です。今回は、生まれつき脚が悪い、とびきり優しい元捨て猫の話を中心に伺いました。

【写真】4匹まるごと抱えられる猫たち

* * *

 現在、私は夫と息子と6匹の猫と暮らしています。どの猫にも背景とドラマがあります。

 福島の原発地域の保護施設から迎えた17歳の「あかにぃ」、宮城で保護した10歳の「ナギ」と「あずき」、重い肝臓病を患って捨てられた2歳の「楓」、保護主から託されてすぐ瀕死(ひんし)状態になり、目に障害が残った1歳の「珊瑚」、そして前脚の悪い14歳の「カムイ」。

 その中で今回、聞いてもらいたいのはカムイのことです。生まれつき左の前脚が右の前脚に比べて短い(半分くらいの長さの)雄猫で、胎児の時に何らかの理由で“左前脚が後ろ脚の形になった”ようです。いわゆる奇形ですが、猫では通常死産することが多いそうです。背骨も曲がり、両前脚の親指の爪もありません。

 ひょこひょこと、3本の脚で他の猫よりゆっくりと歩くカムイ。でもカムイのことで私が最も伝えたいのは障害のことではなく、性格のことなのです。

 カムイと出会ったのは、14年前の夏。福島に住むブログ仲間から「会社の前に子猫が4匹、段ボールに入って捨てられている」と聞き、息子を連れて会いにいきました。

 息子は当時、小学生でしたが、友だちとのコミュニケーションがうまく取れず、不登校でした。その心の支えになればと思い、我が家に子猫を迎えたいと思ったのです。

 カムイははじめ、1匹だけ少し離れたところにいましたが、こちらに気づくと、とてもゆっくり歩いてきました。そして息子の靴に、前脚をちょんと乗せたのです。すると息子はカムイをそっと抱き上げて「この子がいい」と。

 息子が選んだというより、カムイが息子を選んだみたいな不思議な気がしました。

家に迎えた当日(生後3カ月くらい)
家に迎えた当日(生後3カ月くらい)
著者プロフィールを見る
水野マルコ

水野マルコ

水野マルコ/1961年生まれ。ライター。猫と暮らして30年。今は優しいおばあちゃん猫と甘えん坊な男子猫と暮らしています。猫雑誌、一般誌、Web等での取材歴25年。猫と家族の絆を記すのが好き。猫と暮らせるグループホームを開くのが夢。

水野マルコの記事一覧はこちら
次のページ
“敏感に相手の心を察知する能力”にたけているよう