就任2年目を迎える日本ハム・新庄剛志監督
就任2年目を迎える日本ハム・新庄剛志監督
この記事の写真をすべて見る

 謹賀新年。新たな1年の始まりに合わせて、2023年のペナントレースを大予想! 今季のパ・リーグ各球団を分析し、“どこよりも早く”順位を予想したい。

どこよりも早いセ・リーグ順位予想はこちら

【1位】オリックス

 26年ぶりのリーグ連覇&日本一に輝いたチームには、今季も「頂点」に立てる力がある。2年連続投手5冠の山本由伸を中心とした投手陣は12球団随一。山本がまだ24歳で、宮城大弥は21歳、田嶋大樹が26歳。ドラフト1位の即戦力左腕・曽谷龍平も含めて、若く、上積みが期待できる。中継ぎも、大車輪の働きを見せた阿部翔太の“2年目のジンクス”が心配ではあるが、本田仁海、宇田川優希、山崎颯一郎、さらに山下舜平大と若手投手陣のレベルが高く、楽しみだ。

 一方の打線は、主砲・吉田正尚のメジャー移籍で得点力低下は否めないが、FAで森友哉の獲得に成功。昨季は“ハズレ”だった外国人から1人でも“アタリ”の活躍を見せることができれば視界良好になる。また、紅林弘太郎、太田椋、来田涼斗ら楽しみな若手が多く、成長が期待できる。連覇しても、まだ発展途上。中嶋聡監督の選手起用は確かなものがあり、「盤石の投手陣」があればリーグ3連覇は大いに達成可能だ。

【2位】ソフトバンク

 藤本博史監督1年目は首位と同率、直接対決の差で2位となった。その悔しさを晴らすために今オフ、FAで近藤健介、嶺井博希、新外国人として前阪神のガンケル、さらに前ロッテのオスナの獲得も発表するなど大型補強を敢行している。特に近藤の加入は停滞気味だった打線の発奮材料になり、故障から復帰した栗原陵矢、周東佑京、さらに新外国人も含めると、強力な打線が出来上がるはずだ。

 ただ、メジャーに移籍したエース・千賀滉大の穴はやはり大きく、大関友久、板東湧梧の台頭は頼もしいが、オリックスと比べると先発投手陣で分が悪い。優勝争いに加わることは間違いないだろうが、過去にオフに大型補強を敢行したチームが翌年にそのまま優勝した事例が多いとは言えず、チーム内の序列、バランスが崩れることに対しての不安も感じる。チームとしての“一体感”をどれだけ早い段階で作り上げられるどうかが鍵になる。

暮らしとモノ班 for promotion
2024年の「土用の丑の日」は7月と8月の2回!Amazonでおいしい鰻(うなぎ)をお取り寄せ♪
次のページ
3~5位の予想は?