8割が経験、高まる学生のインターン“参加熱” 「やや厳しめ」のフィードバックが人気

2022/10/23 11:00

 学生が企業で実際の仕事を体験する「インターンシップ」。志望企業のことを知りたい学生と、自社のことを知ってもらいたい企業の思惑が一致して、近年大いに盛り上がっているという。当事者である学生の声と、企業側の取り組みを取材した。AERA 2022年10月24日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • インターンは優秀な学生を囲い込む場に 成績優秀者に選考なしで内定を出す企業も

    インターンは優秀な学生を囲い込む場に 成績優秀者に選考なしで内定を出す企業も

    AERA

    10/24

    「就活ルール」なくなったらどうなる? 過去には“超早期化”も

    「就活ルール」なくなったらどうなる? 過去には“超早期化”も

    AERA

    9/11

  • ソフトバンクのインターンは時給850円 iPad貸与も

    ソフトバンクのインターンは時給850円 iPad貸与も

    AERA

    6/30

    過熱するインターンシップ 採用選考よりも「狭き門」に

    過熱するインターンシップ 採用選考よりも「狭き門」に

    週刊朝日

    7/13

  • 21年卒就職内定率「鈍化」も「悲観する必要なし」 企業の学生集め、オンライン対応苦戦が原因か

    21年卒就職内定率「鈍化」も「悲観する必要なし」 企業の学生集め、オンライン対応苦戦が原因か

    AERA

    6/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す