洗濯物は畳まず“投げ込むだけ” ADHDの整理収納アドバイザーが提唱する「持続可能」な片付け術

2020/12/26 08:02

 各人の特性に合わせて収納を工夫する整理収納アドバイザーの西原三葉さん。実はADHDと診断され、片付けが苦手だったという。そんな西原さんだからこそ、片付けられない人に寄り添った提案ができる。AERA 2020年12月28日-2021年1月4日合併号で、自身の過去や収納術などを明かす。

あわせて読みたい

  • 「妻として母として私は不良品」から「励まし合ってほめる」へ  発達障害を持つ女性たちの転換点

    「妻として母として私は不良品」から「励まし合ってほめる」へ 発達障害を持つ女性たちの転換点

    AERA

    4/9

    「捨てなさい」はタブー 親が生きている間に実家を片付ける方法

    「捨てなさい」はタブー 親が生きている間に実家を片付ける方法

    週刊朝日

    12/22

  • リビング学習でいちばん大切なのは収納! プロが教える「よい収納、悪い収納」

    リビング学習でいちばん大切なのは収納! プロが教える「よい収納、悪い収納」

    dot.

    3/16

    発達障害の傾向を持つ父子に母親は鬱状態…家族の機能不全を乗り越えるには

    発達障害の傾向を持つ父子に母親は鬱状態…家族の機能不全を乗り越えるには

    AERA

    4/9

  • 在宅勤務の効率上げる「捨てない片付け」とは?

    在宅勤務の効率上げる「捨てない片付け」とは?

    東大新聞オンライン

    9/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す