30代で「脱医局」の変革 純粋培養の「エリート」から脱却する医師たち

仕事

2020/02/26 11:30

 少し前まで、医師たちは医局に所属することが当たり前だった。いま、医局を離れるという選択をする医師が増えている。「脱医局」を選んだ医師はどんなキャリアを描くのか。AERA2020年3月2日号から。

あわせて読みたい

  • フリーランス医師=「ドクターX」は幻想 でも給与は勤務医より「はるかによくなる」

    フリーランス医師=「ドクターX」は幻想 でも給与は勤務医より「はるかによくなる」

    AERA

    2/27

    休みもらえず流産…翌日から「仕事しろ」 女医の過酷すぎる現実

    休みもらえず流産…翌日から「仕事しろ」 女医の過酷すぎる現実

    AERA

    8/24

  • それでも医師になる 現役545人アンケートで見えた格差

    それでも医師になる 現役545人アンケートで見えた格差

    AERA

    10/1

    1年目の研修医の約3割がうつ状態? 研修医・医師の悩みの実態とは

    1年目の研修医の約3割がうつ状態? 研修医・医師の悩みの実態とは

    dot.

    3/21

  • 「とりあえず子どもは産むな」と言われ…女性医師たちを待ち受ける修羅場

    「とりあえず子どもは産むな」と言われ…女性医師たちを待ち受ける修羅場

    AERA

    8/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す