「カテナチオ」の国で高評価のDF冨安健洋が幼少期に学んだバルセロナの哲学

AERAオンライン限定

2019/12/27 17:00

 堅守のサッカーを誇る「カテナチオ」の国、イタリア。守備を徹底しながらゲームをコントロールするイタリアの伝統的な戦術だ。その国内サッカーリーグ「セリエA」のボローニャに日本人センターバックとして移籍したのは、DF冨安健洋(21)だ。ベルギー1部シントトロイデンでプレーしていた冨安は、19歳の時に日本代表としてデビュー。今年6月にブラジルで開催されたコパ・アメリカ2019(南米選手権)でも評価を高め、7月に入りボローニャに完全移籍を決めた。

あわせて読みたい

  • イニエスタやメッシを育てたFCバルセロナの哲学が、人としても「最強」の理由

    イニエスタやメッシを育てたFCバルセロナの哲学が、人としても「最強」の理由

    AERA

    4/10

    「15歳」久保建英、史上2人目の中学生Jリーガーなるか バルサから東京五輪へ“凱旋”シナリオも

    「15歳」久保建英、史上2人目の中学生Jリーガーなるか バルサから東京五輪へ“凱旋”シナリオも

    dot.

    9/30

  • イニエスタ電撃入団の会見全文「日本の全部好きです」

    イニエスタ電撃入団の会見全文「日本の全部好きです」

    週刊朝日

    5/24

    久保建英だけではない! 日本サッカー界が期待する「令和の怪物候補」

    久保建英だけではない! 日本サッカー界が期待する「令和の怪物候補」

    dot.

    5/11

  • 楽天、バルサの「胸スポンサー」に…そのウラにあった“美談”に現地も感激

    楽天、バルサの「胸スポンサー」に…そのウラにあった“美談”に現地も感激

    dot.

    11/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す