慶應に経営トップ人材が多い背景に「福沢諭吉の精神」長谷山彰塾長が語る

2019/09/13 17:00

 各方面で優秀な人材を輩出し続ける慶應義塾大学には、創始者・福澤諭吉の「独立自尊」と「平等思想」の教えが現代にも脈々と息づいている。長谷山彰塾長が慶應義塾の人材育成について語る。AERA 2019年9月16日号に掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 「慶應義塾」新塾長に得票トップは選ばれず! 2位を指名したワケ…

    「慶應義塾」新塾長に得票トップは選ばれず! 2位を指名したワケ…

    週刊朝日

    5/9

    早慶トップ対談“脱ライバル”で進める連携 「データ科学のリカレント教育」も視野

    早慶トップ対談“脱ライバル”で進める連携 「データ科学のリカレント教育」も視野

    AERA

    12/9

  • 6月27日は何の日?福沢諭吉の意外なエピソードとは?

    6月27日は何の日?福沢諭吉の意外なエピソードとは?

    tenki.jp

    6/27

    OGの寄付きっかけに 慶應大が戦争の記録を検証

    OGの寄付きっかけに 慶應大が戦争の記録を検証

    AERA

    2/22

  • “早稲田vs.慶應義塾”両大学の真の実力をAERAがデータであぶり出す! 繰り返しインタビューした記者が書くジャニー喜多川さんの「遺言」も

    “早稲田vs.慶應義塾”両大学の真の実力をAERAがデータであぶり出す! 繰り返しインタビューした記者が書くジャニー喜多川さんの「遺言」も

    9/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す