ジムも博物館も…気楽に子どもを預けられるアメリカ 親が「自分の時間がほしい!」と思ったとき

帰国ママのバイリンガル子育て奮闘記

AERAオンライン限定

2019/08/20 07:00

 生活の主導権をすべて子どもに握られていると、「ちょっとでいいから自分の時間がほしい!」という気持ちが定期的にやってきます。可愛い我が子だって、24時間常に優先するのは疲れるものです。

あわせて読みたい

  • 「底辺託児所」の現状から見た英国の今

    「底辺託児所」の現状から見た英国の今

    BOOKSTAND

    8/17

    自宅に難民を受け入れ、託児所開設に奔走 ポーランドに暮らす20代日本人男性の思い

    自宅に難民を受け入れ、託児所開設に奔走 ポーランドに暮らす20代日本人男性の思い

    AERA

    4/15

  • 台風直撃でも保育園が開く日本 小雨でもすぐに閉まるアメリカ
    筆者の顔写真

    大井美紗子

    台風直撃でも保育園が開く日本 小雨でもすぐに閉まるアメリカ

    AERA

    9/17

    「子連れライブ」子どもへの影響 医師が指摘

    「子連れライブ」子どもへの影響 医師が指摘

    AERA

    2/26

  • 最新!「保活難民」にならない自治体はここだ 就労と保育の「卵か鶏か」問題に挑む街

    最新!「保活難民」にならない自治体はここだ 就労と保育の「卵か鶏か」問題に挑む街

    AERA

    3/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す