衝撃の「生焼け事件」 ネットに残るペット葬儀の悪徳業者伝説

動物

2019/03/09 08:00

 関東ペット火葬協会会長の高橋達治さんも、起業の動機は、「人とペットのいいお別れ」のためだ。高橋さんは、訪問葬儀業を行うペットPaPaに加え、5年前には猫に特化した葬儀サービス・キャットPaPaも立ち上げた。東京都世田谷区の常福寺と提携し、猫専用の固定火葬炉やメモリアルプランを用意。境内にペット専用の納骨堂や霊園、合同墓も設けた。毎年10月に開催するペットの法要は満席になる。希望により、教会などの提携施設でセレモニーを行うこともできるという。

「多くの犬や猫は10年以上生きます。その間に、人間のライフステージも変わるでしょう。ペットを送るひととき、集まったり、思い出したり。納得のいくお別れの時間を持つことが、ペットロスを防ぐことにもつながるはずです」(高橋さん)

(編集部・熊澤志保)

AERA 2019年3月11日号より抜粋

1 2 3

あわせて読みたい

  • ペットの訪問葬儀 休日に家族そろって自宅でお骨も拾える

    ペットの訪問葬儀 休日に家族そろって自宅でお骨も拾える

    AERA

    3/9

    ペットと一緒の墓に入れないのはなぜ? “ペット終活”のススメ

    ペットと一緒の墓に入れないのはなぜ? “ペット終活”のススメ

    週刊朝日

    6/25

  • “悪徳”葬儀社の裏側! ネット系、互助会系それぞれの特徴

    “悪徳”葬儀社の裏側! ネット系、互助会系それぞれの特徴

    週刊朝日

    8/19

    人間の葬式より手厚く盛大に… 「猫寺」が行うペット供養の現在

    人間の葬式より手厚く盛大に… 「猫寺」が行うペット供養の現在

    dot.

    10/28

  • 葬儀も戒名も不要…木内みどりさんの「自分らしい終わり方」

    葬儀も戒名も不要…木内みどりさんの「自分らしい終わり方」

    週刊朝日

    3/12

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す