裏サイトで悪口も学校は対応せず…藤原和博がズバリ解決策! (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

裏サイトで悪口も学校は対応せず…藤原和博がズバリ解決策!

AERA#教育
藤原和博(ふじはら・かずひろ)/著述家・教育改革実践家。リクルート勤務後、民間校長として杉並区立和田中学校校長を務める。奈良市立一条高校前校長

藤原和博(ふじはら・かずひろ)/著述家・教育改革実践家。リクルート勤務後、民間校長として杉並区立和田中学校校長を務める。奈良市立一条高校前校長

いじめの認知件数は過去最多(AERA 2018年12月10日号より)

いじめの認知件数は過去最多(AERA 2018年12月10日号より)

 保護者から見ると、先生が有効な手を打てないでいると、「学校は何もしてくれない」と。ネット上で起こる出来事は、学校も家庭も門外漢と思ってる。「違う装置」が駆動しない限りは、話し合いが平行線を辿ることになります。

 いくつかの自治体では、教育委員会が主体となり、児童・生徒をめぐるトラブルに対する相談機能を強化し始めました。私が勤めていた和田中がある杉並区でも、教育委員会の中に対策チームを新設し、取り組みを始めています。メンバーは、区内の元校長たち。年配の人はネットのことなんてわからない。けれど、書いてあることを消せる人や、消される前の情報を手繰れる人といった「ホワイトハッカー」みたいな人材やネット犯罪に詳しい専門家、警察に応援を頼むわけです。ネット上でひとたび何かが起こると、この対策チームが学校に飛んでいきます。「この案件はチームで引き取ります」と。

 時代によりいじめの内容が書き換わっているのだから、対策の方法も、組織もアップデートする。そんな時代だと思います。

(構成/ノンフィクションライター・古川雅子)

AERA 2018年12月6日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい