マキタスポーツ「ユーミンに学ぶ上手に自慢する方法」

おぢ産おぢ消

マキタスポーツ

2018/08/21 11:30

「海を見ていた午後」(荒井由実)から。
 山手のドルフィンは
 静かなレストラン
 晴れた午後には
 遠く三浦岬も見える
 ソーダ水の中を
 貨物船が通る
(JASRC 出 1808546-801)

 どうだろう。海のない山梨のマキタ少年に三浦岬を見せてくれた曲だ。更に、駄菓子屋で買い食いぐらいしかしたことがない子が、「山手のドルフィンって静かなレストランなんだよな」と思ったのだし、己を投影し過ぎて、最後にはすっかり「一人で来てしまった……」と感傷的になった。どこへだ? わからない。とにかくいざなわれたのだ、ユーミンの自慢に。

 しかし、もし私がこの世界観の画像を現代のInstagramでアップしたらどうだ。「いいね」ももらえそうだが、半面、さまざまな声が飛んで来そうじゃないか。曰く……
「ソーダ水の写真があざとい」

「その頭でナルシストか!」

「災害で苦しんでいる方がいらっしゃる時に!」

「あなたのような人が安倍自民を増長させる」

 自慢には技がいるのだろう。しかし、“自慢欲”は送受信双方で昇華されている時代なのは間違いない。

「自慢と非難」はイチャイチャ補完しあってる。剛力さんにはユーミンを聴いていただきたい。

AERA 2018年8月13-20日合併号

マキタスポーツ

マキタスポーツ

マキタスポーツ/1970年、山梨県生まれ。俳優、著述家、ミュージシャンなど多彩な顔を持つ。子供4人。スポーツ用品店だった実家の屋号を芸名に。著書に『すべてのJ-POPはパクリである。』ほか。映画「苦役列車」でブルーリボン賞新人賞受賞。近刊に『越境芸人』(東京ニュース通信社)。『決定版 一億総ツッコミ時代』(講談社文庫)発売中。

このコラムニストの記事をすべて見る
1 2

あわせて読みたい

  • マキタスポーツ「AVも企画モノは興奮しない、作品は『熱』が一番大事」
    筆者の顔写真

    マキタスポーツ

    マキタスポーツ「AVも企画モノは興奮しない、作品は『熱』が一番大事」

    AERA

    3/26

    マキタスポーツ「それでも東京が日本でいちばん自由だと思う理由」
    筆者の顔写真

    マキタスポーツ

    マキタスポーツ「それでも東京が日本でいちばん自由だと思う理由」

    AERA

    4/2

  • マキタスポーツ「倖田來未は『め組のひと』の歌手じゃないんだぞ!」
    筆者の顔写真

    マキタスポーツ

    マキタスポーツ「倖田來未は『め組のひと』の歌手じゃないんだぞ!」

    AERA

    10/2

    マキタスポーツ「前髪を分厚く垂らした男には要注意だ」

    マキタスポーツ「前髪を分厚く垂らした男には要注意だ」

    AERA

    1/15

  • マキタスポーツ×スージー鈴木が“カセットテープを語る”音楽番組が書籍化、トーク&サイン会も決定

    マキタスポーツ×スージー鈴木が“カセットテープを語る”音楽番組が書籍化、トーク&サイン会も決定

    Billboard JAPAN

    5/8

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す