「8日間でも親にしてくれてありがとう」 NICUと家族の物語

出産と子育て

2018/05/05 11:30

 10年ほど前に社会問題化した「妊婦のたらいまわし」を発端に整備が進んだNICU(新生児集中治療室)。必死に生きようとする赤ちゃんの命の現場であるNICUや死産や流産、新生児死などの赤ちゃんの死の現実を紹介したAERA連載「みんなの知らない出産」には、多くの反響が寄せられ、『産声のない天使たち』というタイトルで書籍化もされた。今回はその中から、8日間だけ親になった家族の物語を紹介する。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す