竹内智香「強豪国の選手とメディアに共通して言えることは…」 (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

竹内智香「強豪国の選手とメディアに共通して言えることは…」

連載「黄金色へのシュプール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
竹内智香(たけうち・ともか)/1983年12月生まれ。スノーボードアルペン種目選手。ソルトレーク、トリノ、バンクーバーと冬季五輪に続けて出場し、2012年12月にはワールドカップで初優勝。ソチ五輪では日本人女性スノーボード選手で初のメダルとなる銀メダルを獲得。5度目の五輪となる平昌では自身の集大成として金メダルを目指す

竹内智香(たけうち・ともか)/1983年12月生まれ。スノーボードアルペン種目選手。ソルトレーク、トリノ、バンクーバーと冬季五輪に続けて出場し、2012年12月にはワールドカップで初優勝。ソチ五輪では日本人女性スノーボード選手で初のメダルとなる銀メダルを獲得。5度目の五輪となる平昌では自身の集大成として金メダルを目指す

五輪直前のブルガリアW杯で、親友のオーストリアチームのクラウディア・リーグラー選手とともに(写真:本人提供)

五輪直前のブルガリアW杯で、親友のオーストリアチームのクラウディア・リーグラー選手とともに(写真:本人提供)

「今はレースがあなたに味方していないけれども、必ず、その日があなたのもとにくるから」

「スイッチはあなたの手の中にあって、変われる時は一瞬で変われるよ」

 私が海外経験で学んだことは、自分を冷静に見つめること。強豪国の選手たちは、自分の得意、不得意なことを本当によく理解しているのです。そしてそれはメディアの人たちも同じ。だから私も含めて、常にそのレース状況とその選手の結果が冷静に判断されます。だからこそ、不必要に精神的に追い込まれることはないと言えるのだと思います。

 もちろん慰めも含まれているでしょう。ただ、私も自分自身を客観的に見て、そしてライバルの状況も同じく冷静に見て、声をかける。そうすることでレースの勝敗の可能性を見極められ、何より互いにリスペクトを持ちながら滑れるのです。皆さんも連日テレビで流れている競技を観ながら、選手たちのそんな気持ちを想像して楽しんでもらうのもいいかもしれません。

(構成/西川結城)

AERA 2018年2月26日号


トップにもどる AERA記事一覧

竹内智香

竹内智香(たけうち・ともか)/1983年12月生まれ。スノーボードアルペン種目選手。ソルトレーク、トリノ、バンクーバーと冬季五輪に続けて出場し、2012年12月にはワールドカップで初優勝。ソチ五輪では日本人女性スノーボード選手で初のメダルとなる銀メダルを獲得。5度目の五輪となる平昌では5位入賞を果たした。

あわせて読みたい あわせて読みたい