稲垣えみ子「格安スマホで“『おトク』の苦痛”から解放された」 (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

稲垣えみ子「格安スマホで“『おトク』の苦痛”から解放された」

連載「アフロ画報」

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA#稲垣えみ子
稲垣えみ子(いながき・えみこ)/1965年、愛知県生まれ。元朝日新聞記者。著書に『魂の退社』(東洋経済新報社)など。電気代月150円生活がもたらした革命を記した魂の新刊『寂しい生活』(同)も刊行

稲垣えみ子(いながき・えみこ)/1965年、愛知県生まれ。元朝日新聞記者。著書に『魂の退社』(東洋経済新報社)など。電気代月150円生活がもたらした革命を記した魂の新刊『寂しい生活』(同)も刊行

なんだかんだ言いましたが世話になった「先代」iPhone。ひび割れが苦闘の日々を物語る(写真:本人提供)

なんだかんだ言いましたが世話になった「先代」iPhone。ひび割れが苦闘の日々を物語る(写真:本人提供)

 だって誰かがトクするってことは、誰かが損するわけですよね。つまりはおトクにあずからない一般利用者がその負担をかぶるわけです。で、その一般利用者って、ITに疎い中高年(私を含む)だったりするんじゃないでしょうか。昭和のオバサンは、特定の人に大盤振る舞いする余裕があるなら、通信料を一律に下げて誰にでも平等なサービスをしてくれよと思うのです。

 でもそれは、今やこの競争社会ではお笑いぐさの概念なんですかね。時代についていけない私には何が正しいのかはわからない。でもこれから老後を生き抜かねばならぬ身として、結果的に老人が食い物にされかねない世界に無力でいたくないのです。まずは勇気を出して縁切りを果たした自分を自分で褒めておく。千里の道も一歩から。

AERA 2018年1月22日号


トップにもどる AERA記事一覧

稲垣えみ子

稲垣えみ子(いながき・えみこ)/1965年生まれ。元朝日新聞記者。超節電生活。近著2冊『アフロえみ子の四季の食卓』(マガジンハウス)、『人生はどこでもドア リヨンの14日間』(東洋経済新報社)を刊行

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい