五輪代表に近づいた宮原知子&樋口新葉 ノーミスならメダルも

2017/12/19 11:30

 注目すべきは演技構成点だ。ショートは映画「SAYURI」のテーマ、フリーは「蝶々夫人」の世界観を見事に表現し、どちらも演技構成点で全体の3位。滑りそのものの実力を世界3位と認められたことになる。

「しっかりノーミスしたらどこまで行けるか楽しみ。あとはジャンプを重点的に仕上げます」

 と話し、宮原自身も手応えをつかんでいる。

 一方の樋口は、9月の国際大会で今季の日本女子最高点となる217.63点をマーク。ロシア杯3位、中国杯2位で、GPファイナルに初出場した。

 GPファイナルでは躍動感あふれる「ジプシーダンス」でショート73.26。首位まで3.78という好位置につけた。しかし、

「世界トップを相手にさすがに緊張した」

 と樋口。フリーではアグレッシブなスケーティングが影を潜め、3回転ジャンプが2回転になるミスも2度重なって、202.11。6位に沈んだ。

「この悔しさを生かして、全日本選手権では、思い切って自分らしい演技をします」

 何よりの光明は、二つミスをしても総合で200点台を出せたこと。ジャンプで安定して1~2の加点をもらったこと。演技構成点がすべて8点以上だったこと。世界の「トップ選手」と認められた結果だろう。

 2人とも、パーフェクトに演じれば五輪のメダル候補。全日本では、スケートアメリカ2位の坂本花織(17)、グランプリ2戦とも4位の三原舞依(18)、勝負強さのある本田真凜(16)らとどんな戦いを見せるのか。(ライター・野口美恵)

AERA 2017年12月25日号

1 2

あわせて読みたい

  • “ネクスト真央”は誰だ? 女子フィギュア界の有望選手を総チェック!

    “ネクスト真央”は誰だ? 女子フィギュア界の有望選手を総チェック!

    dot.

    1/11

    樋口新葉がフィギュア世界選手権2位、来季はトリプルアクセルに挑む

    樋口新葉がフィギュア世界選手権2位、来季はトリプルアクセルに挑む

    AERA

    4/4

  • 今季は女子も4回転 激戦のフィギュアスケートGPシリーズ開幕へ

    今季は女子も4回転 激戦のフィギュアスケートGPシリーズ開幕へ

    AERA

    10/19

    紀平梨花に本田真凜は追いつくことができるのか?【折山淑美】

    紀平梨花に本田真凜は追いつくことができるのか?【折山淑美】

    dot.

    12/14

  • 羽生結弦がいきなり登場! グランプリシリーズの見どころは?

    羽生結弦がいきなり登場! グランプリシリーズの見どころは?

    dot.

    10/18

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す