地域住民がお金を出し合って病院を設立… 徳洲会の光と影

2017/12/11 07:00

 団塊の世代が後期高齢者となる「2025年問題」に直面する日本。厚生労働省は「地域包括ケアシステム」を掲げ、自治体の尻を叩く。医療と介護などが連携した仕組みが求められる中、地域の住民が組合費を出し合ってつくった病院がある。ノンフィクション作家・山岡淳一郎氏がレポートする。

あわせて読みたい

  • 徳洲会が日本最大グループになった背景 「異形の病院王」徳田虎雄の戦略

    徳洲会が日本最大グループになった背景 「異形の病院王」徳田虎雄の戦略

    AERA

    11/27

    「徳之島へ帰れ!」 医師会と徳田虎雄が繰り広げた壮絶バトル

    「徳之島へ帰れ!」 医師会と徳田虎雄が繰り広げた壮絶バトル

    AERA

    12/5

  • 神になりたかった男 徳田虎雄

    神になりたかった男 徳田虎雄

    週刊朝日

    3/28

    巨大医療グループ「徳洲会」を一代で築き上げた稀代の医療革命者の決定版評伝

    巨大医療グループ「徳洲会」を一代で築き上げた稀代の医療革命者の決定版評伝

    BOOKSTAND

    3/18

  • 猪瀬氏辞任で終わらない 徳洲会マネー石原新党資金にも?

    猪瀬氏辞任で終わらない 徳洲会マネー石原新党資金にも?

    AERA

    12/26

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す