「看取り士」になった娘が見つめた母の最期

介護を考える

2017/11/13 16:56

「看取り士は今年10月末時点で300人を超えました。最近は余命告知を受けた親を自宅で看取るために、看取り士資格を取る人も増えています。大病院の裏口ではなく、狭くても自宅玄関から堂々と親を送り出してあげたいと考える人たちです」

あわせて読みたい

  • 看取り士は最後のワガママを聞いてくれる? 在宅死を考える

    看取り士は最後のワガママを聞いてくれる? 在宅死を考える

    週刊朝日

    1/29

    メーカー社員から納棺師へ…異色の転職で自身に起きた変化とは

    メーカー社員から納棺師へ…異色の転職で自身に起きた変化とは

    AERA

    12/9

  • 杉田かおるさん 母を在宅介護した4年半で「芸能人になってよかった」その理由とは?

    杉田かおるさん 母を在宅介護した4年半で「芸能人になってよかった」その理由とは?

    dot.

    9/24

    「毎日がアルツハイマー」シリーズの関口祐加監督に聞く 介護には愛より理性

    「毎日がアルツハイマー」シリーズの関口祐加監督に聞く 介護には愛より理性

    AERA

    6/3

  • 第2回 笑って明るく介護してきた母のすごさ

    第2回 笑って明るく介護してきた母のすごさ

    2/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す