廃校寸前の島根の高校が打ち出す前代未聞のアイデアとは?

2017/05/31 07:00

 2030年。あなたの子どもは何歳だろうか。ちょうどこの頃、社会の中核を担うのは今の中高生だ。AI(人工知能)の進化で仕事も働き方も急速に変わり始めた。変化の加速度を考えると、学校選びの基準もこれまでと大きく違ってくる。もう「教育改革」など待っていては、わが子の成長に間に合わない。AERA 2017年6月5日号では、「AI時代に強い中高一貫・高校選び」を大特集。アエラが注目する中高一貫校・高校の中から、島根県立隠岐島前高校を紹介する。

あわせて読みたい

  • 廃校寸前だった離島の高校が地域活性の見本になるまで

    廃校寸前だった離島の高校が地域活性の見本になるまで

    dot.

    7/14

    第22回 志をもつ

    第22回 志をもつ

    7/14

  • 「競争」ではなく「共創」 隠岐・海士町を変える京大卒の男、阿部裕志

    「競争」ではなく「共創」 隠岐・海士町を変える京大卒の男、阿部裕志

    週刊朝日

    4/3

    “創造的過疎”築いた徳島県神山町が次に目指すのは、日本海のあの町!

    “創造的過疎”築いた徳島県神山町が次に目指すのは、日本海のあの町!

    週刊朝日

    5/11

  • 教育界で大ブーム 受験だけじゃない“学び”を得られるALとは?

    教育界で大ブーム 受験だけじゃない“学び”を得られるALとは?

    週刊朝日

    2/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す