健康ビッグデータが日本を救う? 検査ウォーズに企業も続々参入

健康

2017/04/21 07:00

 体がダルい。どうにも頭が重い。でもはっきりと名前が付く病気というわけではないから、病院には足が向かない。そもそも、平日の昼間に仕事を抜け出す余裕なんかあるわけない。これが、過剰労働社会ニッポンの「現実」だ。AERA 2017年4月24日号では「ダル重」を大特集。あまたある健康ビジネスに踊らされることなく、このダル重を解消するには、どうしたらいいのだろうか。

あわせて読みたい

  • 遺伝子検査で性格もわかる? 働き盛りの「ダル重」狙う検査ウォーズ

    遺伝子検査で性格もわかる? 働き盛りの「ダル重」狙う検査ウォーズ

    AERA

    4/19

    「手術なし」で大半の病気が治療可能になる? 「医療未来学」が予想する20年後の日本

    「手術なし」で大半の病気が治療可能になる? 「医療未来学」が予想する20年後の日本

    dot.

    3/13

  • 追いつかないのは倫理観か、リテラシーか、医師のマインドか ゲノム解析の課題を宮野悟特任教授が語る

    追いつかないのは倫理観か、リテラシーか、医師のマインドか ゲノム解析の課題を宮野悟特任教授が語る

    dot.

    5/4

    乳がんに「国民性」? 日本人と欧米人の違い

    乳がんに「国民性」? 日本人と欧米人の違い

    AERA

    7/15

  • 人工知能が医療で活躍、お手上げの医師を助ける

    人工知能が医療で活躍、お手上げの医師を助ける

    AERA

    10/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す