ピュリツァー賞受賞者が記者を辞めていた? 米記者の悲しい現実

2015/07/17 16:00

 ロサンゼルス郊外の街の小さな地元紙の記事が、ピュリツァー賞を受賞した。しかし、執筆した記者はすでに退職。彼はなぜ記者を辞めたのか。本人に聞いた。

あわせて読みたい

  • 記事を逆恨みした犯人が5人射殺 ピュリッツアー賞記者が語る地方紙リスクとは?

    記事を逆恨みした犯人が5人射殺 ピュリッツアー賞記者が語る地方紙リスクとは?

    dot.

    7/17

    すべての見えない光

    すべての見えない光

    週刊朝日

    12/22

  • ケンドリック・ラマー、『DAMN.』が【ピュリッツァー賞】<音楽部門>受賞

    ケンドリック・ラマー、『DAMN.』が【ピュリッツァー賞】<音楽部門>受賞

    Billboard JAPAN

    4/17

    ケンドリック・ラマー、【ピュリッツァー賞】授賞式に出席

    ケンドリック・ラマー、【ピュリッツァー賞】授賞式に出席

    Billboard JAPAN

    5/31

  • ピュリッツァー賞受賞舞台【DISGRACED/ディスグレイスト】小日向文世、小島聖ら出演で日本上陸

    ピュリッツァー賞受賞舞台【DISGRACED/ディスグレイスト】小日向文世、小島聖ら出演で日本上陸

    Billboard JAPAN

    5/12

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す