調理に3時間半 病院で人気の「いのちのスープ」とは

2013/12/22 11:00

 病院食といえば「早い、冷たい、まずい」だった。調理スタッフの勤務時間に合わせて早い時間に調理し、冷めた状態で提供されていたからだ。しかし最近ではそうした状況も確実に変化。料理研究家の協力で人気スープを提供する病院もある。

あわせて読みたい

  • 辰巳芳子さんが叱った!「最近の料理研究家は『簡単に』連発し過ぎです」

    辰巳芳子さんが叱った!「最近の料理研究家は『簡単に』連発し過ぎです」

    AERA

    11/12

    急逝したミリオンセラー著者・辰巳渚さんが遺稿に残した20歳の息子へのメッセージとは?

    急逝したミリオンセラー著者・辰巳渚さんが遺稿に残した20歳の息子へのメッセージとは?

    dot.

    1/17

  • 辰巳芳子「料理にずっと矛盾を感じていた」と語る

    辰巳芳子「料理にずっと矛盾を感じていた」と語る

    週刊朝日

    11/10

    七十二候「梅子黄(うめのみきばむ)」。6月16日「嘉祥(かじょう)の日」は和菓子の日!

    七十二候「梅子黄(うめのみきばむ)」。6月16日「嘉祥(かじょう)の日」は和菓子の日!

    tenki.jp

    6/16

  • 患者でなくても食べたい? 人気の病院ランチとは

    患者でなくても食べたい? 人気の病院ランチとは

    AERA

    12/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す