12月号
憲法学者・首都大学東京准教授 木村 草太 Kimura Souta
平和主義の「経験」と「想像力」

2014/12/12 18:09

 2014年7月1日、安倍内閣は、集団的自衛権の行使に関わる閣議決定を行った。この7.1閣議決定の成立には、「平和」を党の基本理念とする公明党が、連立与党として深くかかわっている。では、7.1閣議決定とはどのような内容であり、また、公明党はどのような影響を及ぼしたのだろうか。これが本書のテーマである。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す