数秒や1分でも“仮眠”は成立? 脳に効果的な5つの仮眠法

ナイス・エイジングのすすめ

ヘルス

2022/02/07 07:00

 西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。今回のテーマは「睡眠の工夫」。

あわせて読みたい

  • “理想の睡眠8時間”は根拠なし? 睡眠を少なくすることが養生の道…
    筆者の顔写真

    帯津良一

    “理想の睡眠8時間”は根拠なし? 睡眠を少なくすることが養生の道…

    週刊朝日

    9/17

    なぜ認知症と睡眠は関係がある? 理由は“老人斑”を作らないため
    筆者の顔写真

    帯津良一

    なぜ認知症と睡眠は関係がある? 理由は“老人斑”を作らないため

    週刊朝日

    7/30

  • 眠れなかったら薬を使ってもOK 医師・帯津良一の「ナイス・エイジング」
    筆者の顔写真

    帯津良一

    眠れなかったら薬を使ってもOK 医師・帯津良一の「ナイス・エイジング」

    週刊朝日

    9/21

    コーヒーを飲んで仮眠をとると、仕事の能率がアップするってホント?

    コーヒーを飲んで仮眠をとると、仕事の能率がアップするってホント?

    tenki.jp

    4/8

  • 30分以上の昼寝は逆効果、理想は15~20分 パフォーマンスを上げる仮眠のコツ

    30分以上の昼寝は逆効果、理想は15~20分 パフォーマンスを上げる仮眠のコツ

    AERA

    12/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す