帯津医師 「死ぬのが楽しみになった」夏目漱石の言葉とは?

ナイス・エイジングのすすめ

帯津良一

2021/06/21 07:00

 西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。今回のテーマは「漱石の魅力」。

あわせて読みたい

  • イッセー尾形さんが惹かれる 他の作家にはない夏目漱石作品の深み

    イッセー尾形さんが惹かれる 他の作家にはない夏目漱石作品の深み

    週刊朝日

    1/1

    女性を描くのが上手い作家は誰? 内面は漱石、体は…

    女性を描くのが上手い作家は誰? 内面は漱石、体は…

    AERA

    10/9

  • 死ぬ前に「死にたくない」と言う人の心境とは? 帯津医師が推察
    筆者の顔写真

    帯津良一

    死ぬ前に「死にたくない」と言う人の心境とは? 帯津医師が推察

    週刊朝日

    7/19

    齋藤孝の“夏目漱石”論 「作品を通して日本人の生き方を教育した」

    齋藤孝の“夏目漱石”論 「作品を通して日本人の生き方を教育した」

    週刊朝日

    12/27

  • 漱石を読めば、小説の技術がすべてわかる?

    漱石を読めば、小説の技術がすべてわかる?

    BOOKSTAND

    1/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す