無失点も調子は悪かった? 東尾修が「ワイルドカード」前田健太の投球を評価

ときどきビーンボール

東尾修

2020/10/10 07:00

 球数を少なくするためにストライクゾーンで勝負するという言葉を日本でもよく聞くようになった。

 ただ、それで大量失点しては、短期決戦では意味がない。たとえ球数を重ねようが、失点しないことが最優先である。

 投球中には、二塁に走者が行った際に捕手とサインを入念に確認するようなシーンもあった。あらゆることに備え、走者にサインが盗まれないようにするのもバッテリーの役目。前田は視野広くできていた。

 日本でもパ・リーグはロッテとソフトバンクが激しく争っている。直接対決では、おそらく先発が完投するような試合は少なくなるだろう。そういった時に、投手はイライラしないことだ。球数を意識しすぎると、墓穴を掘る。

 自然と継投の機会が増えるだろう。監督としても、ここからは一つの決断がチームの勝敗を大きく左右することになる。

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

週刊朝日  2020年10月16日号

東尾修

東尾修

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝。

このコラムニストの記事をすべて見る
1 2

あわせて読みたい

  • 西武菊池と巨人菅野との「差」は? 東尾修が指摘
    筆者の顔写真

    東尾修

    西武菊池と巨人菅野との「差」は? 東尾修が指摘

    週刊朝日

    10/27

    秋の広島は投手泣かせ? 東尾修が日本シリーズのポイントを指摘
    筆者の顔写真

    東尾修

    秋の広島は投手泣かせ? 東尾修が日本シリーズのポイントを指摘

    週刊朝日

    10/22

  • ソフトバンク圧勝は「第2先発」のおかげ? 東尾修の意見
    筆者の顔写真

    東尾修

    ソフトバンク圧勝は「第2先発」のおかげ? 東尾修の意見

    週刊朝日

    11/17

    東尾修「悩ましい日ハム・大谷翔平の起用法」
    筆者の顔写真

    東尾修

    東尾修「悩ましい日ハム・大谷翔平の起用法」

    週刊朝日

    9/10

  • ソフトバンク甲斐拓也の捕球位置が抜群な理由 東尾修が解説
    筆者の顔写真

    東尾修

    ソフトバンク甲斐拓也の捕球位置が抜群な理由 東尾修が解説

    週刊朝日

    11/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す