なぜ名球会で「特例枠」を設置? 東尾修が明かす事情 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

なぜ名球会で「特例枠」を設置? 東尾修が明かす事情

連載「ときどきビーンボール」

東尾修週刊朝日#東尾修
東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

昨年、名球会入りしたソフトバンク・内川聖一選手(左)。「特例枠」で名球会の活性化が期待される (c)朝日新聞社

昨年、名球会入りしたソフトバンク・内川聖一選手(左)。「特例枠」で名球会の活性化が期待される (c)朝日新聞社

 話は少し変わるが、私の西武時代の同僚でもあった清原和博と久々に対面した。11月30日、所属先を探す選手が日米のスカウトにアピールする「ワールドトライアウト2019」が神宮球場で行われたが、そこで一緒になった。トークショーも行ったが、私はたくさんのファンの方々のキヨに対する温かい声援を聞き、胸が熱くなった。多くの方々が「立ち直ってほしい」との思いを持ってくれている。そしてテレビや新聞など報道陣の方々が駆けつけてくれたことこそ、清原の存在価値であると感じた。「いずれNPBのユニホームを着て本当の復帰ができるよう、応援してやってください」とファンに呼び掛けたのは、私の本心だ。

 覚醒剤取締法違反で有罪判決を受けた事実は消えないが、ここからは野球と向き合う姿勢を皆が見ている。同じ名球会の仲間である。いずれ、皆に認めてもらえる日が来ることを信じて楽しみに待ちたい。

週刊朝日  2019年12月27日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

東尾修

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい