「引退日は東京五輪決勝」天才クライマー野口啓代が決断のワケ

2020東京五輪

2019/10/17 07:00

 2020年東京五輪で活躍が期待される選手を紹介する連載「2020の肖像」。第4回は、スポーツクライミング女子の野口啓代(30)。2020年東京五輪のハイライトの一つは、初めて開催される「アーバン(都市型)スポーツ」。その中で代表内定第1号となったのが野口だ。10代のころから華々しい実績を積み重ねてきた天才クライマーは、大舞台に特別な思いで臨む。朝日新聞社スポーツ部の吉永岳央氏が野口の五輪にかける思いに迫る。

あわせて読みたい

  • 日本スポーツクライミング界の〝絶対女王〟野口啓代 実家敷地内に国際標準の施設作った五輪への熱意と覚悟<現代の肖像>

    日本スポーツクライミング界の〝絶対女王〟野口啓代 実家敷地内に国際標準の施設作った五輪への熱意と覚悟<現代の肖像>

    AERA

    11/27

    最年少はスケートボードの12歳! 五輪新競技「都市型スポーツ」の注目選手たち

    最年少はスケートボードの12歳! 五輪新競技「都市型スポーツ」の注目選手たち

    AERA

    8/4

  • いま話題! 五輪の正式種目に決定した「スポーツクライミング」の魅力

    いま話題! 五輪の正式種目に決定した「スポーツクライミング」の魅力

    tenki.jp

    5/12

    狂った金メダルの皮算用? 野口啓代「気持ちの整理が」

    狂った金メダルの皮算用? 野口啓代「気持ちの整理が」

    週刊朝日

    4/2

  • 過去には遺恨の原因にも… 五輪選考は本来どうあるべきか?

    過去には遺恨の原因にも… 五輪選考は本来どうあるべきか?

    dot.

    8/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す