10年前の「あの夏」をもう一度 貫いた日本文理の「つなぐ野球」

2019/08/10 13:54

 日本文理(新潟)の背番号6で主将、長坂陽(ひなた)は、10年前の「あの夏」、一塁側ベンチ上のスタンドにいた。

あわせて読みたい

  • 堂林(現広島)を2度降板させた日本文理10年前の伝説の猛追

    堂林(現広島)を2度降板させた日本文理10年前の伝説の猛追

    dot.

    8/16

    敦賀気比の杉田翔太郎が大会史上15年ぶり6人目のサイクル安打、打席に入る前にした反省とは

    敦賀気比の杉田翔太郎が大会史上15年ぶり6人目のサイクル安打、打席に入る前にした反省とは

    週刊朝日

    8/13

  • 広島商の伝統を背負った身長155センチの戦士

    広島商の伝統を背負った身長155センチの戦士

    週刊朝日

    8/10

    バントで3ラン、まさかの三重殺…本当にあった“とんでもエラー”【久保田龍雄】

    バントで3ラン、まさかの三重殺…本当にあった“とんでもエラー”【久保田龍雄】

    dot.

    11/23

  • 8点差を最終回逆転で甲子園へ 星稜の奇跡はなぜ起きたのか?

    8点差を最終回逆転で甲子園へ 星稜の奇跡はなぜ起きたのか?

    dot.

    8/4

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す