“大船渡・佐々木、登板せず敗北”に東尾修「周囲が起用法に言えることはない」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“大船渡・佐々木、登板せず敗北”に東尾修「周囲が起用法に言えることはない」

連載「ときどきビーンボール」

東尾修週刊朝日#東尾修
東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

左足を高く上げる大船渡・佐々木朗希の投球フォーム (c)朝日新聞社

左足を高く上げる大船渡・佐々木朗希の投球フォーム (c)朝日新聞社

 簡単にギアを上げる、下げるというけど、「手を抜いて」、小手先で球速に変化をつけていたら意味がない。足を高く上げて、お尻から前に出ていく形をとり、左腕をうまく使う。その体全体を使う中で脱力していくことが大事。これはとても難しい。しかもそれを「145キロ」「150キロ」「155キロ」と速い球速帯でできるのは、プロでもほとんどいない。

 すぐに他の高校生がまねしようとしても無理だろうが、考え方は参考にできる。つまり、自分の体を理解し、どうやったら最大限の力をボールに伝えられるか。体全体を大きく使って投げる意識は参考にしてほしい。

 プロにも言えることだが、制球力を求めてこぢんまりした投球フォームになってしまう投手が多い。スケールの大きいプレーヤーを目指す。佐々木の投球を見て、投手がそう感じてくれたら……と感じている。

週刊朝日  2019年8月9日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

東尾修

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい