「思考停止の象徴」じゃない? ユーミンの名曲で考える就活スーツ (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「思考停止の象徴」じゃない? ユーミンの名曲で考える就活スーツ

連載「RADIO PA PA」

このエントリーをはてなブックマークに追加
延江浩週刊朝日#延江浩
延江浩(のぶえ・ひろし)/1958年、東京都生まれ。慶大卒。TFMエグゼクティブ・プランナー。国文学研究資料館・文化庁共催「ないじぇる芸術共創ラボ」委員。小説現代新人賞、ABU(アジア太平洋放送連合)賞ドキュメンタリー部門グランプリ、日本放送文化大賞グランプリ、ギャラクシー大賞など受賞

延江浩(のぶえ・ひろし)/1958年、東京都生まれ。慶大卒。TFMエグゼクティブ・プランナー。国文学研究資料館・文化庁共催「ないじぇる芸術共創ラボ」委員。小説現代新人賞、ABU(アジア太平洋放送連合)賞ドキュメンタリー部門グランプリ、日本放送文化大賞グランプリ、ギャラクシー大賞など受賞

※写真はイメージです (Getty Images)

※写真はイメージです (Getty Images)

 新人は未完成で当然。その分、伸びしろがある。ラジオは未完成な喋り手をじっくり育て、30代で花を開かせる。植物の種だってはじめはどれも同じに見える。しかし、いずれ芽を出し、成長して葉を広げそれぞれの花を咲かせる。そのために日々水をやり、肥料を与え、日差しの良いところに置くのが先輩の役割だ(しかし、ひと頃流行った英語交じりでぺらぺら喋るバイリンガルDJはどこへ行ったのだろう?)。

♪6時のターミナルでふりむいたきみは/板に付いた紺色のスーツ
今でも気まぐれに街をゆくぼくは/変わらないよ ああ あの頃のままさ♪

 これはユーミンの楽曲「あの頃のまま」のフレーズだ。「紺色のスーツ」は、学生運動に見きりをつけ、長かった髪を切って就職した友達の姿を象徴している。「変わらない『ぼく』」と「たわいない夢なんかとっくに切り捨てた『きみ』」と、二つの人格の対比で青春の決別を見事に表現した名曲だが、ユーミンが呉田軽穂名でブレッド&バターに提供したのは1979年。もう40年前の作品。当時から紺色のスーツはセンチメンタルな青春を指すキーワードだった。

 歌詞に「人生のひとふし」という言葉があるが、就職は一生に一度の大切な大事な区切り。リクルートスーツを選ばざるを得なかった心の揺れこそが若さである。青は青春の青であり、フランス語のブリュには憂いの意味もある。悩むのは若さの特権なのだ。

 それにしても、紺のスーツをシックだと感じるのは僕だけだろうか。自分はこれから新しい世界に行くのだという爽やかな意志を表すと思うのだが。

週刊朝日  2019年5月17日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

延江浩

延江浩(のぶえ・ひろし)/1958年、東京都生まれ。慶大卒。TFM「村上RADIO」ゼネラルプロデューサー。国文学研究資料館・文化庁共催「ないじぇる芸術共創ラボ」委員。小説現代新人賞、ABU(アジア太平洋放送連合)賞ドキュメンタリー部門グランプリ、日本放送文化大賞グランプリ、ギャラクシー大賞など受賞

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい