パワハラ告発の宮川選手に反省文で露呈した体操協会の時代錯誤

2019/03/17 12:40

 協会が第三者委員会に選出したメンバーには、塚原夫妻が指導する体操クラブの親会社が株主になっている会社の顧問弁護士もいた(第三者委員会発足直後に顧問弁護士を辞任)。

「第三者委員会は、本来、その団体の上層部が対応するべきところを、その人が訴えられてしまったために、代わりに判断をする機関です。上層部に肩入れするかもしれないという疑義が少しでも生じる人が選ばれては、元も子もありません」(佐渡島弁護士)

 調査にあたり「職場とスポーツの現場は違う」というスタンスをとった日本体操協会。

 スポーツジャーナリストの田中圭太郎さんは、こう疑問を呈する。

「本来、パワハラは、加害者が何を言ったかより、被害者が言われてどう感じたかが問題。にもかかわらず、こんな形で幕引きとなると、選手ファーストであるべき協会が、上層部にいる人間を組織で守ったようにしか見えません。会見を開いてまで被害を訴えていた宮川選手がこれ以上排除されないと良いのですが……」

(本誌・工藤早春)

※週刊朝日2019年3月29日号

1 2

あわせて読みたい

  • 塚原夫妻“パワハラ不認定”で体操界はどう変わるのか

    塚原夫妻“パワハラ不認定”で体操界はどう変わるのか

    週刊朝日

    12/19

    塚原副会長のウソ発言は「非常に、残念」 体操協会が第三者委員会を設置 会見全文

    塚原副会長のウソ発言は「非常に、残念」 体操協会が第三者委員会を設置 会見全文

    dot.

    8/30

  • パワハラ、暴力…女子体操界 19歳宮川選手の周りは“クズ”ばかり

    パワハラ、暴力…女子体操界 19歳宮川選手の周りは“クズ”ばかり

    週刊朝日

    9/12

    体操協会元役員らの予感が的中「塚原夫妻の独裁はボクシングの山根前会長の次に問題になる」

    体操協会元役員らの予感が的中「塚原夫妻の独裁はボクシングの山根前会長の次に問題になる」

    dot.

    9/3

  • 体操協会の塚原夫妻と宮川選手側の権力闘争「テレビが利用されている」 カンニング竹山
    筆者の顔写真

    カンニング竹山

    体操協会の塚原夫妻と宮川選手側の権力闘争「テレビが利用されている」 カンニング竹山

    dot.

    9/12

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す