元貴ノ岩断髪式に元横綱日馬富士が出席した理由 「和解は赤坂の料亭で」恩人が明かす (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

元貴ノ岩断髪式に元横綱日馬富士が出席した理由 「和解は赤坂の料亭で」恩人が明かす

このエントリーをはてなブックマークに追加
上田耕司週刊朝日
第二の人生を歩む元貴ノ岩 (c)朝日新聞社

第二の人生を歩む元貴ノ岩 (c)朝日新聞社

モンゴルに学校を設立し、土俵までつくって相撲を教える元横綱日馬富士 (c)朝日新聞社

モンゴルに学校を設立し、土俵までつくって相撲を教える元横綱日馬富士 (c)朝日新聞社

弟子の断髪式に姿を見せることはなかった元貴乃花親方 (c)朝日新聞社

弟子の断髪式に姿を見せることはなかった元貴乃花親方 (c)朝日新聞社

「日馬富士は昨年、モンゴルに小中高一貫の学校を設立しました。生徒がたくさんいるようです。彼はいま、その学校の運営に没頭しています。学校には相撲の土俵を作って、子供たちに相撲を教えることを教育の一環としてやっていくようです。日本が好きで、子供の制服も、勉強にも日本語を取り入れてます」(同)

 この和解で一連の騒動には決着がついたのか。

「現在の相撲協会は心技体の教育をしないで、強いやつらばっかりを集めて土俵に上げている。体質は変わっていない。日馬富士、貴ノ岩を巡る問題の本質は、相撲道の問題なんです」(同)

 ちなみに、“もう1人の主役”とも言える、元貴ノ岩の師匠だった元貴乃花親方は姿を見せることはなかった……。
(本誌 上田耕司)
※週刊朝日オンライン限定


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい