年金額の増額改定は実質「引き下げ」 そのカラクリとは?

シニア

2019/01/30 11:30

「2割、3割は当たり前」。安売り店の掛け声ならいいが、公的年金額の今後の減少割合と聞くと穏やかではいられない。来年度の年金支給額がこのほど決まったが、その中身を見ると年金が下がっていく仕組みが実によくわかる。どのように下がり、長期的にどうなるのか。

あわせて読みたい

  • 衝撃の検証結果 年金は受給開始後も目減りし続ける!

    衝撃の検証結果 年金は受給開始後も目減りし続ける!

    週刊朝日

    9/9

    年金はジワジワ下がる! “抑制ルール”続々登場

    年金はジワジワ下がる! “抑制ルール”続々登場

    週刊朝日

    2/25

  • 老後3千万円あっても破綻…長生きで「お金が足りない」のなぜ

    老後3千万円あっても破綻…長生きで「お金が足りない」のなぜ

    週刊朝日

    6/3

    老後は絶望? 年金減少させる「マクロ経済スライド」

    老後は絶望? 年金減少させる「マクロ経済スライド」

    週刊朝日

    6/5

  • 年金増も実質減?「マクロ経済スライド」のからくりとは

    年金増も実質減?「マクロ経済スライド」のからくりとは

    週刊朝日

    3/2

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す