主力抜けた西武は「猫の目起用」へ 1軍選手増加のメリットとは? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

主力抜けた西武は「猫の目起用」へ 1軍選手増加のメリットとは?

連載「ときどきビーンボール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
東尾修週刊朝日#東尾修
東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

現役時代に過ごした西武は1文字表記で「猫」と記されるらしい (c)朝日新聞社

現役時代に過ごした西武は1文字表記で「猫」と記されるらしい (c)朝日新聞社

 ベンチ入りの人数を変えないのであれば、1軍登録枠を1人ではなく、もっと増やせばいいとの意見も出るだろう。しかし、あまりにこの枠を増やすと、今度は野球が大きく崩れる。1軍レベルの選手をとにかく多くそろえたチームが強くなるわけだし、投手を3人この枠に入れれば、今年のCS、日本シリーズでソフトバンクが見せた第2先発など、戦力差がより大きくなる懸念がある。今の野球の可能性を広げるという点で言えば、まずは「1人」が妥当ではないかな。

「猫の目打線」や「猫の目継投」といった毎試合違ったゲームプランが生まれるかもしれない。ファンの方々がそれを楽しみと思ってくれれば、幸いだ。

 私が現役時代に過ごした西武は1文字表記では「猫」と記されるらしい。今まで知らなかったが、「獅子」や「レオ」とかは目にしたが、確かに1文字表記となると難しい。

 浅村栄斗と炭谷銀仁朗がFA移籍して、さらに菊池雄星がメジャーに移籍することが確実となっている。これだけ主力が一気に抜けた球団は、ここ何十年であったかな。チームの戦い方はまた変わる。ポジションによっては猫の目起用もしていかないと、穴は埋まらないかなぁ。

週刊朝日  2018年12月28日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

東尾修

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい