ゴリラ肉にラクダ丼…「辺境メシ」食べる高野秀行の原動力

2018/12/11 11:30

 ミャンマーの奥地やアフリカのソマリランドなど、30年以上、辺境地を旅してきた高野秀行さんが、各地の珍奇な食についてのノンフィクション『辺境メシ ヤバそうだから食べてみた』(文藝春秋)を出した。

あわせて読みたい

  • 「ヤバそうだから食べてみよう」!? 辺境旅ではなんでも食べるべし

    「ヤバそうだから食べてみよう」!? 辺境旅ではなんでも食べるべし

    BOOKSTAND

    1/17

    美食とゲテモノは紙一重!? 世界の辺境で出会った食文化の多様性とは?

    美食とゲテモノは紙一重!? 世界の辺境で出会った食文化の多様性とは?

    BOOKSTAND

    4/11

  • 崩壊国家内の平和国家・ソマリランドは

    崩壊国家内の平和国家・ソマリランドは"地上のラピュタ"か? それとも"リアル『北斗の拳』"か?

    BOOKSTAND

    6/16

    実はアジアで広く食べられている納豆! その発祥はどこ?

    実はアジアで広く食べられている納豆! その発祥はどこ?

    BOOKSTAND

    6/14

  • 8月号 対談旅行作家 下川裕治 Shimokawa Yuji 辺境作家 高野秀行 Takano Hideyuki

    8月号 対談旅行作家 下川裕治 Shimokawa Yuji 辺境作家 高野秀行 Takano Hideyuki

    8/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す