“瞑想”で認知症予防 医学的な根拠とは? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“瞑想”で認知症予防 医学的な根拠とは?

連載「「健脳」養生法――死ぬまでボケない」

このエントリーをはてなブックマークに追加
帯津良一週刊朝日#ヘルス#帯津良一
帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「死を生きる」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「死を生きる」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

写真はイメージです (c)朝日新聞社

写真はイメージです (c)朝日新聞社

 その結果、脳全体のエネルギーは脳幹の中心部にある脳幹網様体に集められます。そして、脳幹網様体を活性化するのです。

 脳幹網様体の下部が活性化されると呼吸や血液循環などの活動が整えられ、上部が活性化されると大脳機能が活発になり、認知機能が高まります。まさに脳幹網様体の活性化は認知症の予防とつながりがあるのです。

 私にとっての瞑想は、早朝に病院の道場に行き一人で舞う太極拳です。太極拳は本来、武術ですが、気功の側面もあります。その基本は調身、調息、調心です。身を調え、呼吸を調えることで、心を調えていきます。

 この調心とは雑念として心を一点に留めず、虚空に向かって無限に拡げることです。沢庵和尚が『不動智神妙録』で述べた「心をどこにも置かなければどこにもある」という境地です。いつでも思ったところに心を集中できます。その境地に向かって、瞑想を深めていきます。

週刊朝日  2018年11月23日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

帯津良一

帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「貝原益軒 養生訓 最後まで生きる極意」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい