ソフトバンク圧勝は「第2先発」のおかげ? 東尾修の意見 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ソフトバンク圧勝は「第2先発」のおかげ? 東尾修の意見

連載「ときどきビーンボール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
東尾修週刊朝日#東尾修
東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

ソフトバンク武田は日本シリーズ第6戦にも2番手で登板。日本一に大きく貢献した (c)朝日新聞社

ソフトバンク武田は日本シリーズ第6戦にも2番手で登板。日本一に大きく貢献した (c)朝日新聞社

 今回、日本シリーズMVPになったのは広島の機動力を完全に封じた捕手の甲斐だった。守備からMVPが出るなんて、かつては考えられないことだったと思う。いかにオンリーワンの特長を持つことが大切か。プロで生き抜く上で大切なことは何かを甲斐が教えてくれたと思うし、プロを目指す若い選手たちにも勇気を与えてくれたと思う。

 プロ野球は全日程が終わってFAの時期となった。今年はリーグ優勝を支えた西武浅村、広島丸という超大物もFA権行使を表明し、各球団ともに水面下での調査は熱を帯びている。FAは選手が努力で得た権利であるし、どんな決断をしても誰も責められるわけでもない。選手も育ててくれた球団に恩義を感じている。後悔だけはしないよう、じっくりと考え抜いてもらいたい。

 チームの中核をなす選手が抜ければ、チームは違った戦い方をしなければならないが、新しい可能性を模索することにもなる。日本球界全体のことを考えれば、活性化につながると前向きに考えるしかない。同時に、秋季キャンプで懸命に練習に励む若い選手は、目をぎらつかせてほしい。

週刊朝日  2018年11月23日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

東尾修

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい