北原みのり「昭和大のゆる~い会見」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北原みのり「昭和大のゆる~い会見」

連載「ニッポン スッポンポンNEO」

このエントリーをはてなブックマークに追加
北原みのり週刊朝日#北原みのり
北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。作家、女性のためのセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表

北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。作家、女性のためのセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表

(イラスト/田房永子)

(イラスト/田房永子)

 差別とは悪意をもった排除ではなく、むしろ「優先されるべき者と僕たちが考える者」への善処として正々堂々と行われる。女性は体力がないから、多浪は国家試験に受かりにくいから。そのような根拠のないことを盾に、下駄を履かせる人間を選別する。「差別ではない、不正ではない」と薄笑いを浮かべながら。

 ちなみに、昭和大の男女合格率の差はかなり大きい。その説明を求められても、「女性の補欠者に電話をしても辞退される方が多いので」というものだったが、それは合格率ではなく入学率の違いだろう。意味がわからないし、納得できる受験生はどれくらいいるだろう。

 今回、全国的に被害実態が拡大していることが判明した。それでも、被害者の顔は同じだ。女性と20歳以上で受験する男性。同じような顔をした者を揃え、多様性を排除し、内向きの組織を再生産させていく医学界は、いったい何を守ろうとしているのか。人間の健康か、それとも誰も責任を取ろうとしない「僕たちみんな」の組織なのか。

週刊朝日  2018年11月2日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

北原みのり

北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。作家、女性のためのセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい