ミッツ・マングローブ「その“陰”が眩しい山Pの本領」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ミッツ・マングローブ「その“陰”が眩しい山Pの本領」

連載「アイドルを性せ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ミッツ・マングローブ週刊朝日#ミッツ・マングローブ
ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

「その“陰”が眩しい山Pの本領」(※写真はイメージ)

「その“陰”が眩しい山Pの本領」(※写真はイメージ)

 山Pに関しては、ジャニーズJr.のエースだった10代の頃からドラマ(やたら裸になることが多かった)でお見かけしていましたし、彼がセンターを務めていたNEWSもデビューの頃から手塩にかけて応援してきました。何より私は彼のあの危なっかしい歌声が大好きです。それでも私が山Pを注視しなかったのは、彼の醸す『どこにも属せない一匹狼』的な存在感を、いわゆる『圧倒的な王道アイドルの眩さ』だと解釈していたからに他なりません。ところがどっこい、山Pったら眩さどころか陰(かげ)しかないじゃないですか。NEWS時代の所在なさげな雰囲気は、むしろ彼自身が『アイドル』というものを眩しがっていたせいなのかも。『コード・ブルー』はまさにそんな『山Pの陰』を全肯定することで成り立っているドラマです。そりゃ生き生きするに決まっています。そして山Pが抜けた後のNEWSも。

 要するに山Pは、元来私の好きなタイプのアイドル(明菜系)だったということ。ついでに新垣結衣の可愛さをようやく理解できたのも収穫でした。こっそり映画も観に行っちゃおう。

週刊朝日  2018年8月17-24日合併号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

ミッツ・マングローブ

ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい