「梅毒」が若い女性に増加 妊婦が感染すると胎児にも影響し40%の子が死亡も (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「梅毒」が若い女性に増加 妊婦が感染すると胎児にも影響し40%の子が死亡も

このエントリーをはてなブックマークに追加
近藤昭彦週刊朝日
異性間での性交渉による感染が報告数急増に(※写真はイメージ)

異性間での性交渉による感染が報告数急増に(※写真はイメージ)

 梅毒の増加に伴い尾上医師が警戒しているのは、妊婦梅毒・先天梅毒のほかにはHIVである。

「何らかの性感染症にかかっているケースでは、性的な接触が頻回にあることが多く、ほかの性感染症にもかかっている可能性が高いといえます。梅毒の場合、梅毒トレポネーマによるしこりや発疹などの皮膚症状で皮膚のバリア機能が損なわれて、ほかの性感染症にもかかりやすい状態であり、男性の同性間性交渉による患者が多いHIVを合併することが多いとみられています」

 HIVはかつては「死の病」として恐れられたが、現在は強力な抗HIV療法が普及しており、毎日、抗HIV薬を服用すれば、ほぼ100%進行を抑えられ、HIVではない人とほぼ同程度の寿命が得られるようになっている。いわば、生活習慣病と同じような慢性病の一つになってきた。これらの梅毒周辺の感染症を確実に防ぐために、尾上医師は「不特定多数との性的接触をしない」「コンドームの適正な使用」などとともに、疑わしいときは積極的に検査を受けることをすすめる。

「梅毒は、感染の機会から約3(~6)週間後が検査の目安になります。HIVは感染の機会から2カ月以降に検査を受けるのが原則ですが、2週間以降で可能な検査もあります。まず、保健所や医療機関などに相談するとよいでしょう」

(文/近藤昭彦)


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい