昇太、小遊三、米助、歌春が語る歌丸師匠の爆笑秘話「実は亭主関白、野球で例えると、王貞治かな」【後編】 (1/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

昇太、小遊三、米助、歌春が語る歌丸師匠の爆笑秘話「実は亭主関白、野球で例えると、王貞治かな」【後編】

このエントリーをはてなブックマークに追加
上田耕司週刊朝日#お悔やみ
笑点メンバーと桂歌丸さん (c)朝日新聞社

笑点メンバーと桂歌丸さん (c)朝日新聞社

都内で記者会見した、(左から)春風亭昇太、三遊亭小遊三、桂米助、桂歌春(撮影/上田耕司)

都内で記者会見した、(左から)春風亭昇太、三遊亭小遊三、桂米助、桂歌春(撮影/上田耕司)

 落語家の桂歌丸さんが慢性閉塞性肺疾患のため逝去して一夜明けた3日、日本テレビ系演芸番組『笑点』で司会をしている春風亭昇太(58)、歌丸さんが会長を務めていた落語芸術協会の会長代行を引き継いだ三遊亭小遊三(71)、歌丸さんの弟弟子の桂米助(70)、一番弟子の桂歌春(68)が都内で記者会見した。

【都内で会見した昇太、小遊三、米助、歌春】

「『笑点』では5つ年上の奥さまに頭が上がらないふうに言っていたが、実際は亭主関白」「だじゃれを言うなと言っていた」「最後まで呼吸器を付けていた。鼻の頭がすりむけていて痛がっていた」など、「笑点」の舞台裏や人柄をしのぶエピソードをそれぞれが笑いを交えながら明かした。

 歌丸さんの通夜・葬儀は家族から「最後は歌丸ということではなく、椎名巌(本名)として惜しみたい」という希望から9、10日に近親者のみで行われる。

 お別れ会は翌11日、横浜市の妙蓮寺で午後2時から開かれる予定だ。

 以下は記者会見の一問一答。

※昇太、小遊三、米助、歌春が語る歌丸師匠の爆笑秘話「お弟子さんに『オレが死にそうなのにテメェたちは来ねぇ』と」【前編】よりつづく

──何度も手術をし、ご自身は病気をもネタにしていた。ご家族、奥様とはどのようなご夫婦でしたか。

米助「歌丸師匠は20歳ぐらいで、5つも年上の人と結婚している。普通5つも年上の人と一緒になりませんよ。いかに惚れてたかということ。奥様にはほとんど口を出させなかった。稽古へ行っても、2階でやってたんですが、奥様は絶対、2階に来なかった。稽古が終わると、奥様がお茶を出してくれた。『笑点』ではとにかく奥様に頭が上がらないという風に言ってましたけど、本当はあんな亭主関白はいないんじゃないかというくらいでした」

──奥さまは稽古場には行かなかった?

米助「たぶん、歌丸師匠は仕事場には顔を出させていない。たぶん、末広亭とか浅草とか国立とか、奥様は楽屋に顔を出したことがないと思う」



トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい