治療後に妊娠したい場合は? 若い女性に多い「子宮頸がん」という病

ヘルス

2018/03/04 07:00

 がんは50~60代から増える傾向があるが、子宮頸がんは30~40代の若い女性に多い。出産年齢が高齢化する中、がんの根治性を維持しつつ、妊娠する機能を残す手術が試みられている。

あわせて読みたい

  • 子宮がんになっても妊娠できる機能を残す「子宮温存手術」とは?

    子宮がんになっても妊娠できる機能を残す「子宮温存手術」とは?

    週刊朝日

    3/19

    「子宮頸がん」で手術が必要なケースとは? がんになる前の段階「異形成」からおこなう円錐切除術

    「子宮頸がん」で手術が必要なケースとは? がんになる前の段階「異形成」からおこなう円錐切除術

    dot.

    5/9

  • 【子宮・卵巣がん手術】専門医に聞くセカンドオピニオンをとるべきケースは?

    【子宮・卵巣がん手術】専門医に聞くセカンドオピニオンをとるべきケースは?

    dot.

    3/24

    【子宮・卵巣がん手術】薬物療法が大きく進歩 従来よりも生存期間の延長に期待が高まる

    【子宮・卵巣がん手術】薬物療法が大きく進歩 従来よりも生存期間の延長に期待が高まる

    dot.

    3/17

  • 以前は「マザーキラー」 今は20、30代での発症も多い子宮頸がん

    以前は「マザーキラー」 今は20、30代での発症も多い子宮頸がん

    週刊朝日

    8/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す