小室哲哉が110分語った「介護うつ」と“不倫”の関係 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小室哲哉が110分語った「介護うつ」と“不倫”の関係

このエントリーをはてなブックマークに追加

19日の会見で引退を表明した小室哲哉 (c)朝日新聞社

19日の会見で引退を表明した小室哲哉 (c)朝日新聞社

 小室哲哉(59)は1月19日に引退を表明した記者会見で、引退を考え始めた時期を質問されると、「仕事と妻の介護を両立することの限界を感じたのは昨年8月だった」と語った。

 引退を考え始めていたところに、「週刊文春」で看護師の女性Aさんとの不倫疑惑を報じられ、引退を決断したという。

「ほんとにお恥ずかしい話ですが、5~6年前から普通の男としての能力がなくて、精神的なものの支えが必要だったと思います。男女関係はありません」と疑惑は否定した。

 小室は2度の離婚を経て、みずからもメンバーだったglobeのボーカル、KEIKOさんと2002年に結婚。

 しかし、08年に小室は詐欺事件で逮捕、翌年、有罪判決(懲役3年、執行猶予5年)を受け、11年10月にはKEIKOさんがくも膜下出血で倒れ、人生が暗転する。妻に身体に見える後遺症はなかったが、「脳にちょっと障害」が残ってしまったという。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加