“隠し玉”は浅田真央? 櫻井VS小泉 加藤VS桑子 平昌五輪の視聴率合戦の行方 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“隠し玉”は浅田真央? 櫻井VS小泉 加藤VS桑子 平昌五輪の視聴率合戦の行方

このエントリーをはてなブックマークに追加
秦正理週刊朝日

五輪キャスターへの起用が期待される浅田真央 (c)朝日新聞社

五輪キャスターへの起用が期待される浅田真央 (c)朝日新聞社

NHK・桑子真帆アナウンサー (c)朝日新聞社

NHK・桑子真帆アナウンサー (c)朝日新聞社

 女子アナ対決にも注目だ。NHKは紅白歌合戦の総合司会を務める桑子真帆アナを続けて抜擢し、フジテレビは“カトパン”こと加藤綾子アナを五輪キャスターに据えた。

「先日発表された『好きな女性アナウンサーランキング』で、カトパンは前年の2位から4位と順位を落とした一方で、桑子さんは10位から7位へとランクアップ。差が縮まってきています。アラサーの天然系女子アナ対決になると私は見ています」(碓井教授)

「桑子さんはポスト有働(由美子)としてNHKが力を入れているのがわかります。見映えもいいですし、手堅さの中に華があります。その安心感からおじさん層はチャンネルを合わせるのでは」(三杉氏)

 NHKは元フリースタイルスキー・モーグル選手だった上村愛子をキャスターに起用し、周囲を桑子アナや杉浦友紀アナなどで固める布陣。美女をそろえるだけにオジサンたちの興味を引くだろう。

 どの局が勝ち組になるのか。両氏ともに各局甲乙つけがたいとしながら、もし逆転があるとすれば、ある選手のキャスティングがカギを握るという。

「浅田真央さんをキャスターに持ってくることができれば勝ち組と言っていいでしょうね。各局が虎視眈々と狙っているはずです」(碓井氏)

「浅田さんはテレビに出ればみんなが見る。いまだ未定のTBSがキャスティングに成功すれば、一気に大逆転でしょう」(三杉氏)

 キャスターはあくまでオリンピックを盛り上げるサポート役。とはいえ、毎日見かけることになるのだから、キャスターの好みでチャンネルを選ぶのもアリかもしれない。
(本誌・秦正理)

※週刊朝日オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧


このエントリーをはてなブックマークに追加