大谷翔平、米エンゼルスへ 移籍後に待ち受ける試練 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大谷翔平、米エンゼルスへ 移籍後に待ち受ける試練

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
ポスティングシステムでメジャー移籍をめざしていた大谷翔平選手。エンゼルス入りが決まった (c)朝日新聞社

ポスティングシステムでメジャー移籍をめざしていた大谷翔平選手。エンゼルス入りが決まった (c)朝日新聞社

「そういうこともあったので、大谷の代理人は〝面談〟と称して交渉開始前に各球団と会い、大谷がどんな人間かを説明したそうです。夢の実現を願う純粋な人間だと」(MLB関係者)

 二刀流でプレーできるかなどについて、大谷側は各球団が提出した書類の審査で7球団を候補に残した。人気球団ヤンキースの名前はそこになく、今度は米国の野球ファンを驚かせた。

「マドンナが『世界の中心に……』と言ったニューヨークの、憧れの成功のシンボルですから。大谷は大都市のプレッシャーから逃げた、と“チキン(臆病者)”呼ばわりする地元メディアもあった。振られた男の捨てぜりふみたいで笑えますが、遠征でニューヨークに行けば、ブーイングはすごいはず」(ベテラン記者)

 二刀流の大谷は投げるだけでなく、打席にも立つ。「日本では大谷への厳しいインコース攻めは少なかったですが、MLBは容赦ない。どこへ遠征しても、ぶつけられないように気をつけないと。ほとんどの球団が振られた立場なんですから」(スポーツ紙デスク)

 米球団とファンの怒りが早く静まることを願いたい。(黒田 朔)

週刊朝日 2017年12月22日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい